セントパーツ株式会社

自動車を廃車するに当たっての素朴な疑問にお答えします

自動車リサイクル法について

日本では世界の中でも先進的な自動車リサイクル制度が整備されていますので、自動車解体業の許可を受けている解体業者では環境汚染や脱法行為に繋がる不適正な処理は行われにくくなっています。

皆様がお支払された自動車リサイクル料金は、シュレッダーダスト(価値を持ちにくい素材などのごみ)、エアバッグ類、フロン類の処理費用として使われています。 (自動車解体業者や関連団体の利益に繋がるものではありません・・)

自動車リサイクル法が施行された背景

自動車は鉄や樹脂製品といった様々な材料で作られていますので、それぞれの材料ごとに適した処理方法は異なります。そのため、不適切な処理方法や廃棄方法がとられると、使用済自動車が引き起こす環境被害は甚大なものとなります。

また、以前は自動車を解体したあとのゴミを処理する最終処分場が不足気味となっていたため処理費用が高騰し、「お金をかけて自動車を処理したくない」と考える人達が多く存在したことで、使用済自動車の不法投棄問題も多く存在していました。

日本ではこれらの問題を解決するべく、2005年1月から自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)が施行されることとなりました。

日本における自動車リサイクル法の特徴

日本の自動車リサイクル制度は世界の中でも先進的な仕組みと言われますが、その理由は自動車リサイクル法が5つの特徴を持つためです。

特徴1

自動車メーカーや自動車輸入者がシュレッダーダスト・エアバック類・フロン類を引取り、リサイクルを実施することが決められています

処理が困難なものや処理費用がかかるもの(現在は3品目です)の処理は自動車メーカー主体で行われる形となっています。

特徴2

自動車メーカー、解体業者、リサイクル料金の管理団体等々、自動車リサイクルには様々な関係者がいますが、これら関係者それぞれに明確な役割が決められています

自動車メーカー主体のリサイクル制度ですが、自動車メーカーが世の中に走っている全ての自動車を最終処分することは困難ですので、実際に自動車を解体する弊社のような解体業者をはじめ、様々な企業や団体が協力しながら環境保全に努めています。

特徴3

リサイクル料金が前払い方式となっています

自動車を購入する時や車検を受ける時に自動車保有者から自動車リサイクル料金が集められているので、「お金をかけて自動車を処理したくない」と考えて不適切な処理を行う人達が存在しにくくなっています。

特徴4

電子システムを利用して使用済自動車の処理工程が管理されています

“自動車リサイクルシステム”という電子システムが構築されていますので、どの関係者がどの段階の処理を行っているということなどが確認できるようになっています。

特徴5

第三者法人による制度運営が行われています

“公益財団法人自動車リサイクル促進センター”という団体が自動車リサイクル料金の管理や自動車リサイクルシステムの運営などを行っています(決して天下り団体ではありません・・)

自動車リサイクル法が自動車を保有する人に与えた影響

「自動車を廃車するには処理費用が必要」と自動車関連業者から言われたことがある人も多いかと思います。

でもそれは以前の話でして、今ではあまり聞かれなくなりました。 それどころか弊社をはじめとして「廃車を買います」とアピールする業者が増えています。

このように変化した理由の一つが自動車リサイクル法の中で定められている自動車リサイクル料金と言えます。

この自動車リサイクル料金は、多額の処理費用が必要となり不法投棄の最たる要因であった「処理後のクズ(シュレッダーダスト)」、爆発性があって処理の難しい「エアバッグ類」、エアコンの冷媒として使われ大気放出されると地球環境を破壊する「フロン類」という3品目の処理費用に充てられています。 そのため、関連業者で発生する処理費用が軽減されたということになり、有償であった廃車費用が必要なくなるケースが増加してきたのです(解体業者同士の仕入競争が激しくなっていることが一番の理由ですが・・)。

このように使用済自動車を取り巻く業界が大きく変わることによって、使用済自動車を排出する皆様にとってはより良い環境へと変わってきたのです。